Loading

Pursue

追求

住宅性能の追及(ZEHへの取り組み)

現代の家づくりで必ず考えなければならないのが、『省エネ』&『エコ』 国土交通省・経済産業省・環境省が設置する「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」は2020年までにすべての新築住宅を対象に新基準への適合の義務付けを決定しました。大きく『外皮の断熱性能』『一次エネルギー消費量』の二つで評価され、この2つの基準を満たそうと思うと、建物自体が高断熱性能を装備していることに加えて、エネルギー消費の低い機器の装備が不可欠になります。

私たちのコンセプト『エコ』&『スマイル』
そんな思いを住宅につめこんだ...
ヤマサンホーム『エコスマール』

ヤマサンホームの999万円でワンランク上のローコスト住宅『エコスマール』は、木造軸組工法をベースにウレタン吹付断熱やアルミ樹脂複合+Low-E複層ガラス、全室LED照明&エコキュートを標準採用しており、例えば、夏の暑い時期に家の二階に上がった時に感じるムッとした暑さなどをなくたしたり、冬の寒い時期にサッシやガラス、壁の隙間などからの入り込む冷気を遮断します。これによって部屋の温度が安定するため、冷暖房時のエアコンなどの消費電力の軽減します。さらに、全室LED照明&エコキュートも標準採用で、さらに消費電力を抑えます。このように『エコスマール』は住宅本体の基本性能が省エネ&エコ設定になっており、低炭素住宅仕様やZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)などのベースとして最適を言えます。

ヤマサンホームのZEHへの取り組み
『エコスマールシリーズ』で生み出す
エネルギーゼロの極み

ZEHとは、自宅で「使うエネルギー」よりも「創るエネルギー」が大きい住宅のこと。国策では2020年までに、このZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。ヤマサンホーム『エコスマールシリーズ』では標準仕様の住宅性能や断熱性能等を向上させることによって、国が標準化を目指しているZEHでのお家づくりを皆様の身近なものにしたいと考えております。お求めやすく安全で住みやすい家づくりをテーマに、ZEH対応の『エコスマールシリーズ』をラインナップに加えることで、2020年までにZEHを新築住宅の60%まで普及させることを目指します。

■実績報告
・平成28年度 → 0%
・平成29年度 → 0%