こんにちは。令和元年のGWは、遠方から遊びに来てくれた親せきと伊勢神宮にお参りに行ったり、マイナービーチで波とたわむれたり、これでもかという程の新鮮なお刺身に舌鼓を打ったりして、伊勢志摩のすばらしさを再確認したヤマサン弐号機です。みなさんのGWはいかがでしたか?

 

さて、毎日「こういうものだ。」と思ってしている行動も、省くことができると

「こんなにラクだったんだ♪」

と新たな発見におどろくことがあります。

 

みなさん、お風呂に入るとき、自分の部屋からパジャマや下着を持って脱衣所に行きますか?

 

1階がお風呂で、2階に家族それぞれのお部屋があるご家庭が多い中、

2階の自分の部屋にパジャマを取りに行くのって、

 

「毎日のあたり前のことなんだけど、ちょっとめんどう・・・」

 

・・・という声を耳にします。

 

「あ~~~っっ!!!パンツ持ってくるの忘れた!!!!」

 

・・・・とか・・・・。あるあるです。

 

 

収納たっぷりプラン LIXIL 洗面化粧台 株式会社ヤマサンホーム

(LIXIL洗面化粧台 L.C ~エルシィ~)

 

 

お風呂から出た時、常に近くにあったらうれしいもの。

①タオル

②下着類

③パジャマ

 

このセットを脱衣所に収納できるスペースは確保しておきたい。

と思うヤマサン弐号機です。

そこで、わが家は脱衣所に5段の引き出しチェストを置いて、家族5人分の下着とパジャマを収納。

チェストの上に体をふくタオルを置いてみました。

それでは、ヤマサン弐号機家の一員を例にパジャマ収納「あるとき」「ないとき」を比べてみましょう。

パジャマの収納スペースが欲しい。 株式会社ヤマサンホーム

 

 

パジャマ収納が「ないとき」

リビングでテレビを見ている。

あ、お風呂が沸いた。

重い足取りでパジャマを2階に取りに行く。

脱衣場の適当なスペースにパジャマをクチャっと置いておく。

お風呂に入る。

出る。

クチャっとなったパジャマに着替え始める。

ぬぁっっ!?!?パンツがない!!!

なんとかしてパンツを取りに行く。

パンツを忘れた自分にぶつけようのない苛立ちを感じつつ、やっとの思いで着替え終わる。

ちょっとテンション下がった状態でリビングに戻りテレビを見る。

 

 

 

パジャマ収納が「あるとき」

リビングでテレビを見ている。

あ、お風呂が沸いた。

颯爽とお風呂に入る♪

颯爽と出る♪♪

サクッと引き出しからパジャマを出してサクサクっと着替える♪♪♪

ウキウキでテレビを見る。

 

 

 

まるで551の豚まんがあるときとないときくらいの違いです。

 

 

 

「パンツ」というワードがふんだんに出てきましたが・・・(ご勘弁ください。)

これで、ヤマサン弐号機家の日常は劇的に暮らしやすくなりました。

カゴに入れると、下の物が取り出しにくいので、引き出しのほうが使い勝手が良かったです。

 

ちなみに、ヤマサン弐号機家の引き出しは画像とは少し違うのですが、ほとんどこんな感じです。

5人家族で1人1つの引き出しを使えるので置いてみて正解でした♪

↓↓↓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

>>ヤマサン弐号機家の引き出しを見てみる<<
(Amazonのページが開きます。)

 

「ランドリーチェスト」で探してみると、たくさんありました。

>>ランドリーチェストを見てみる<<
(Googleのランドリーチェスト画像が開きます。)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

おうちづくりにおいて、けずられがちな脱衣所のスペース。

 

たかが脱衣所、されど脱衣所。

 

新築でこれからおうちの間取りを考える方は、脱衣所にはタオルだけでなく、「パジャマ収納」のスペースを考慮にいれるのもいいと思います。

 

 

 

思い切って脱衣所横にウォークインクローゼットを設置 株式会社ヤマサンホーム
バタバタ家族の朝の身支度を、少しでもラクにしたい!という方には

 

脱衣所の横にウォークインクローゼットを設置するという思い切ったアイデアもあります。

 

洗顔~着替えの動線を究極に短くした、テキパキお着替えの洗面室を見てみたい方はこちらをどうぞ↓↓↓

 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

>>テキパキお着替え洗面室を見てみる<<

(パナソニックの洗面化粧台のページが開きます。)

※ヤマサンホームは新築・リフォームでつながる「パナソニックの住まいパートナーズ」登録店です。

 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

建てた後に「もう少し脱衣所が広かったらよかった・・・」と思う方も多いそうです。

 

家族の人数や、入れておきたい衣類、置きたい収納家具などを考え、

家族が実際くらしているのをしっかりイメージしながら脱衣所のサイズを決めると、くらしがぐんと快適になるんではないかなと思います。