こんにちは♪

スーパーで買い物中、大きくなった娘にもたれかかられても、今までは「しんどいからやめてー!」と拒んでいたヤマサン弐号機ですが、Fitboxingを結構まじめに続けて成果を実感!先日同じようなシーンが訪れた時、思ったんです・・・。
「ん?!?!・・・耐えられるっっ!!!!(歓喜)」

 

運動って大事ですね!娘よ♪もっともたれてもいいんだよ♪

フィットボクシングで運動不足解消 株式会社ヤマサンホーム スタッフブログ

さて、今回は、前回のblogで書ききれなかった、アクセントクロス(ウォール)の選び方のポイントを考えてみました。

 

 

 

アクセントクロス(ウォール)の選び方

 

 

★➀★「しっくり」くるインテリア選び

 

どんなインテリアがお好みですか?

・北欧風

・ナチュラル系

・ヨーロピアンスタイル

・カリフォルニアスタイル

・モダン系

・インダストリアル

 

前回のblogにも書いたのですが、その他にも色々なスタイルがあります。

Webなどでいろいろな事例を探している時、

家族がそこで暮らしているイメージを浮かべて、

1番「しっくり」くるインテリアスタイルはどれですか?

ステキ!と思っても、自分たちの生活スタイルとかけ離れていると、そこで暮らすイメージがなかなかわいてこないので、

 

「しっくり」をキーワードに、

 

これから暮らす理想のインテリアのイメージを固めるのが、失敗しないアクセントクロス選びの大切なポイントだと思います♪

 

 

 

★➁★床との相性も大事

 

お部屋の統一感を出すために、

壁紙の基本色を木目の色調に合わせるのがコツ♫

ドアとの調和も忘れずに・・・☆

 

 


  • 無彩色~こげ茶の床

    無彩色~こげ茶の床

    グレー系の壁紙

    グレー系の壁紙
    モダン系・シック系

    モダン系・シック系

 

 


  • 黄・赤系の床

    黄・赤系の床

    ベージュ系の壁紙

    ベージュ系の壁紙
    ナチュラル系・ベーシック系

    ナチュラル系・ベーシック系

 

 


  • 白~茶~黒の床

    白~茶~黒の床

    白系の壁紙

    白系の壁紙
    ベーシック系・モダン系

    ベーシック系・モダン系

 

(※Photo by sangetsu 壁紙選びのポイントより)

 

 

 

★➂★天井の色の使い分け

 

天井のクロスは壁と同じ色にしても、光の加減で暗く感じます。

天井は明るい色のクロスを選ぶと広々とした空間に。

暗くすると落ち着いたイメージに。

書斎や寝室など、落ち着きが欲しい空間にマッチします。

圧迫感が出てしまうデメリットもあるので注意が必要です。

 

 

落ち着いた雰囲気の寝室でぐっすり眠れそうですzzz。

全体的にブラウンのインテリアでまとめ、赤い照明が目を引きます☆彡

間接照明で演出するとさらにステキなリラックス空間に・・・。

 

アクセントクロス 株式会社ヤマサンホーム

(Photo by-pinterest)

テレビ側の壁はタイル張りでアクセント。上質な雰囲気がステキです。天井にネイビーを持ってくることで、空間全体に落ち着きがでます。梁のブラウンと相性ばっちり!

インテリアとのコーディネートが絶妙にマッチしたリゾート感あふれるリビング♫

 

 

★➃★割合は20~30%

 

アクセントクロス 株式会社ヤマサンホーム

お部屋全体のバランスを考えると、アクセントクロスは20~30%のくらいの割合で使うのがいいそうです。

リビングで言うと、4面中1面程度。

家具などで隠れてしまうこともあるので、家具とのバランスもよく考えると失敗がないと思います。

そんなにも必要ないな・・・という方は、

ニッチの部分だけクロスを変える

のもちょっとしたアクセントになってステキですよ♪

小さい範囲なら、クロスもちょっと冒険してもいいかも♫

 

クロスではなく、タイル使いでワンランク上のアクセントウォール。

 

 

 

真っ赤なニッチが際立つダイニング。ナチュラルなインテリアにも不思議となじんでいます。

 

 

 

★➄★小さいサンプルより明るく見える。

クロスの選び方 株式会社ヤマサンホーム

(※イメージ図)

 

クロスの小さいサンプルは濃く見えて、実際貼ってみると明るく感じることが多いです。
あまり薄くて淡すぎる色は、大きな面積の壁に貼ると、

「部屋の影で全然アクセントになってない!」と後悔することもあるそうです。

サンプルを見て自分の思っているもう1段濃いめを選ぶといいと思います。

照明の色で雰囲気も変わりますが、昼間電気をつけずに見てみると、真っ白な壁でも、光の加減で影の部分はグレーっぽく見えています。
光の当たり具合も考えると貼った後に予想外だった!と後悔することもなくなります。

 

貼った時のイメージがより分かりやすいように、大きいサンプルもご用意しますのでご安心ください♪

実際引っかいたりして、クロスの強度の確認もできますよ。

 

 

 

★➅★「飽きる」というデメリットを考慮する。

 

アクセントクロスの選び方 株式会社ヤマサンホーム

 

その他、「ずっと住み続けて飽きちゃわないか・・・?」と心に問いかけることもおすすめします。

アクセントウォールを採用するデメリットとして、大胆過ぎる柄、カラーにすると、早い段階で飽きてしまうことが・・。

インテリアの好みは年齢や環境、気分次第で変わることがあります。

ヤマサン弐号機も10~20年前はアジアンインテリアにどっぷりはまっていましたが、今はガラッと変わりました。

アクセントウォールが主役の部屋にしてしまうと、インテリアや色の好みが変わった時、壁とのバランスが取れなくなってしまうことも。

子ども部屋などは特に、お子さまの成長とともに好みが変わることが多いので、アクセントはカーテンなどにしておくのもいいですね。

 

「飽きたら張り替えればいい♪」と割り切れる方は、「今」好きな柄、色に大胆に挑戦しても◎!

「張り替える予定ないなぁ」という方は、あくまでもアクセントとして・・・。調和を大事に・・・。

アクセントクロスを選ぶ際は、

床、壁、カーテン、家具のトータルバランスをよく考えて、

住んでみてうれしくなるおうちづくりをしたいですね♪

 

 

 

アクセントクロスの選び方 ポイント 株式会社ヤマサンホーム

 

アクセントクロス(ウォール)選びのポイント

➀インテリアのイメージを決める。

➁床、壁、天井、家具、カーテン、全体のバランスを取りながら進める。

➂割合を部屋の20~30%以下におさえる。

➃クロスを実際貼った時のイメージは明るく感じることが多いので、気を付ける。

⑤長く住んで飽きないか、1回よーく考えてみる。(張り替えOKの方は冒険も◎!)

 

アクセントクロス(ウォール)のメリット

➀ぼんやりした空間が引き締まる。

➁家族のライフスタイルやインテリアの個性が際立つ。

 

アクセントウォールのデメリット

➀大胆な色、柄は短期間で飽きてしまう可能性がある。

➁主張しすぎると、後々インテリア全体の調和を取るのが難しい。

 

 

みなさん、

あらゆる情報を集めて納得のいくおうちづくりをしたいと願っていらっしゃいます。

ヤマサンホームのお施主様も、スマホを片手に、「こんな感じが好き♡」とイメージを伝えてくださる方が多くいらっしゃいます。

日本全国から海を越えて海外のおうちまで、いろんなおうちの事例集、アイデアがWebでたくさん見られるのは本当にありがたいです!

ヤマサン弐号機も日々刺激をいただいております。

 

ご存知の方も多いと思いますが・・・。

インテリア事例集おススメスマホアプリはこちら↓↓↓

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

ルームクリップ インテリア事例集 株式会社ヤマサンホーム

RoomClip

AppStoreはこちらから↓↓↓

>>RoomClip<<

Google Playはこちらから↓↓↓

>>RoomClip<<

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

ピンタレスト インテリア 株式会社ヤマサンホーム事例集

Pinterest

AppStoreはこちらから↓↓↓

>>Pinterest<<

Google Playはこちらから↓↓↓

>>Pinterest<<

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■

 

 

サンゲツさんのアクセントクロスなどの事例集も参考にどうぞ↓↓↓

>>サンゲツコーディネート事例集<<